産後の,ビキニラインの黒ずみを解消するには?

産後のビキニラインの黒ずみどうにかして!!簡単ケアで始めるたった2つの事って?

 

産後のビキニラインの黒ずみって気になりませんか?
誰かに見えせるものじゃないとはわかってはいるけど、そのままじゃ気持ちのいいものでもありませんし、できることならキレイにしておきたいものですよね。
ビキニラインの黒ずみって産後にはすぐ消えると思っていたのだけど、なかなか消えないし、いったいいつになったらキレイなお肌に戻れるの?
そんな疑問を解消するために簡単にできそうな2つの事を教えちゃいます。
子育てで忙しいかもしれませんが、ちょっと実践してみませんか?

 

妊娠するとどうしてビキニラインが黒ずんじゃうの?

妊娠をすると女性の体は大きな変化が現れてきますね。
中でも目立つのが黒ずみ。
この黒ずみって妊娠するとどうして今まで以上に黒ずんでしまうのか?
その理由はホルモンバランスの変化のせいです。

 

  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
  • エストロゲン(卵胞ホルモン)

 

女性ならば誰もが聞いたことのある2つのホルモンが、妊娠をするとお腹の赤ちゃんを守るためにその分泌活動が活発になります。
このホルモンバランスの変化は黒ずみの原因でもあるメラノサイトの動きも活発にし、メラニンを発生させやすくなります。
ビキニラインや乳首などは、もともとがメラニンが発生しやすく多くある部分なので、妊娠期の変化によりいつもよりも目立つようになるというわけです。

 

黒ずみってどのくらいで消えるの

では、出産したからといってホルモンバランスがすぐに戻って色素沈着もなくなるのかというと、そういうわけでもありません。
時間をかけて少しずつ妊娠前の状態に体は戻ろうとします。
さらにいうとメラニンは一度沈着してしまうとそれだけで回復するにはホルモンバランスが戻るよりも時間はかかってしまうものです。
これにはターンオーバーが大いに関係していて、何度もターンオーバーを繰り返すことで古い角質が排出されていきます。
そのため、通常の状態でも黒ずみ改善に時間がかかるのにもかかわらず、出産後はさらにホルモンバランスの関係もあり、なおのこと時間がかかるものです。
また、そこには育児による疲れや睡眠不足などもかかわってきますから生活リズムが安定してこないこともその一因となっています。

 

産後のビキニラインをキレイにするための2つの事てなぁに?


かといって、時間がたつのを待つよりもやっぱり早めに黒ずみは解消したいものですよね。
そのためにできることをあげてみると

 

・ストレスを解消する
・専用の黒ずみケアクリームを使う

 

こういったことがあげられます。

 

ストレスを解消する

出産後は誰もが赤ちゃん中心の生活になるはず。
疲れがたまりすぎるとか寝不足が続くなんてことは必ず起こりうるもので、生活習慣は今まで以上に乱れがちに。
ここで必要になってくるのが程よくストレスを解消してあげること。
ストレスの解消というと人それぞれですが、忙しい中でもちょっと一人になる時間を作ってあげるとよいかもしれません。
もちろん旦那様やご家族の協力も得てくださいね。

 

忙しくて自分のお肌のことなんてかまっていられないなんてなりがちですが、そんな時こそ自分のお肌をいたわってあげたいもの。
それがストレス解消につながるなんてこともあるかもしれませんよ。

 

これ黒ずみだけじゃなくて、ほどよくストレスを発散してあげることはその後の育児にも大きく影響してきますし、自分の体のことを考えてもメリットは大きいはず。

 

切羽詰まった状態ばっかりで接してると、赤ちゃんにもストレスになってしまいますよ。

 

専用の黒ずみケアクリームを使う

 

実はこれが一番手っ取り早いかもしれません。
目に見える効果を実感するためにも専用クリームで簡単ケアしてあげるといいかもしれません。
上記のように黒ずみを解消してあげるためにはターンオーバーを繰り返してあげる必要があります。しかし乱れがちのターンオーバーのままでは黒ずみをさらに進めてしまうことにもなります。
これを解消してあげるのに必要なことが

  • 保湿
  • 美白

この2つです。

 

ビキニラインの黒ずみ解消専用クリームである「イビサクリーム」ならこの2つを実現してくれます。

 

1日2回の簡単ケアで済みますし、お肌にも優しいですから産後の忙しい時間でもそれほど負担にはなりませんよね。
積極的にケアをしたいのであれば取り入れてみてもいいかもしれませんよ。

 

イビサクリームの公式サイトはこちらから

 

出産は思っている以上に体に変化をもたらします。
がんばりすぎて疲れすぎないようにご自身の体をいたわってあげることも大事と言えますよね。
ちょっとずつでもいいから、自分のお肌をいたわってあげることも忘れないでくださいね!!