イビサクリームの美白効果はトラネキサム酸です

トラネキサム酸の効果で美白できちゃう?イビサクリームの主成分はこれです!

 

イビサクリームのメイン美白成分であるトラネキサム酸の効果とはどのようなものなのでしょうか?

 

というか美白効果ですが…

 

イビサクリームに限らずですが美白化粧品の多くに採用されていますから、もしかしたら知らないうちに使っているかもしれませんね。
せっかくなので、もうちょっと詳しくトラネキサム酸についてまとめてみます。

 

トラネキサム酸ってなんだろう?その特徴について


トラネキサム酸はもともと炎症作用やアレルギーの抑止効果を持ち医療現場で止血剤として使われていたそうです。
それがシミや肝斑を抑える効果が見られ厚生労働省から薬用有効成分の医薬部外品である美白成分として認定を受けています。
ジェネリック医薬品では「トランサミン」として処方されているようです。

 

トラネキサム酸の特徴

  • 人工アミノ酸の一種でメラニンを抑制する効果がみられる
  • 肌の炎症を抑える効果があり止血剤として使用されていた
  • 厚生労働相から薬用有効成分として認可

 

このような特徴があげられます。

 

トラネキサム酸の美白効果

ではどうしてトラネキサム酸を使って美白できるのか、それは・・・
黒ずみやシミの原因となるメラニンはメラノサイトと言われる細胞で紫外線などの肌ダメージを抑えるために作られます。
通常は新陳代謝(ターンオーバー)により、剥がれ落ちるはずなのですがターンオーバーの遅れや加齢などといったさまざまな原因によりシミや黒ずみとして肌に残ってしまいます。
トラネキサム酸はメラノサイトにまで浸透して「メラニンを作らなくていいよ」といった指令のようなものを出します。
いや、ホントに指令を出すわけじゃないのですが…
このトラネキサム酸の効果によってメラノサイトでメラニンが生成されるのを抑制してくれます。
つまりシミや黒ずみができる前に先回りして抑えてくれるというすごい効果を持っているんです。

この効果を実感するまでの期間として、もちろん体質やシミ・黒ずみの状態によりますが早ければ2週間ほどから2カ月ないし3カ月と言われています。
あれっ?イビサクリームで「効果が出るまで2から3カ月ほど使いましょう」というのと一致しますね!
つまりどうしてもターンオーバーを繰り返す必要があるため時間はかかるということなんですね。

 

トラネキサム酸に副作用は?

トラネキサム酸には内服薬と化粧品での外用と両方あり、内服薬として摂取するには注意が必要なようですが、クリームなどで用いられる分には副作用の心配はほぼありません。
そのため安心して使用が可能です。

 

イビサクリームでトラネキサム酸がいい理由


上記のようなことから美白効果が高く安心して使えるため今では美白化粧品として欠かせない美白成分となったトラネキサム酸。
このトラネキサム酸をいち早くデリケートゾーンの黒ずみ解消に採用したのがイビサクリームなんです。
イビサクリームではこのトラネキサム酸に加え薬用有効成分であるグリチルリチン酸2Kを主とし、加えてたっぷりの保湿成分や美白効果のある天然成分を配合することで皮膚の薄いデリケートゾーンでも安心して使用できるんですね。
そのため、イビサクリーム以降に発表されているデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームはこのイビサクリームを参考にしていることは間違いありません。
しかし、イビサクリームを超えるようなデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームが出てこないのも事実です。
トラネキサム酸以上の美白成分が発見されればまた変わるかもしれませんが、これはまだ先に話になりそうですね。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみケアをするならトラネキサム酸配合のイビサクリームを選んでおけば間違いなしとも言えそうですよ!


 

イビサクリームの公式サイトはこちらから